スリープトラッカーのファーストレビュー!

さんざん考えた末、公式サイトで購入した「スリープトラッカープロエリート」が早速届きましたよ♪

こ、これが僕の睡眠を快適にしてくれるかと思うとドキドキです。なんだか期待感たっぷりなので箱を開けるところから詳細にレビューしてみたいと思います!

スリープトラッカープロエリートの箱は、シンプルでシックなデザイン。

早速開けてみましょう!

スリープトラッカー公式サイトの詳細はこちら

中身は、スリープトラッカープロエリート本体、PC接続ケーブル、日本語マニュアル、接続ソフトCD-ROMの4点。

スリープトラッカー購入前に気になっていたのが、「装着感」
なにしろ、腕時計をはめて寝るわけですから、装着感が悪かったらそれだけで眠りを妨げられる気がします。

それで何より先に付けてみました(笑)

結論から言うと全く問題なしです♪
スリープトラッカープロでは不安のあった大きさも、エリートになりかなり小さくなったようで、男性としては細い僕の腕にもピッタリ。

バンドもしっとりとした肌触りで、良い意味で装着感が希薄な感じ〜
とりあえず、ホッとした(笑)

スリープトラッカーの機能・設定は?

眠りの状態を検知して最適なタイミングで起こしてくれる腕時計「スリープトラッカープロエリート」
効果的に使うためにはきちんと設定をしなければなりません。この設定が重要なのですが、時計自体の表示は少々わかりにくいため、英語が得意ではない方は日本語マニュアル必須かと。

そういう意味ではやはり「公式サイト」で購入して正解だったな、と。

基本的な設定は、以下の3点

  • 時刻を設定
  • アラーム時刻(起床時刻)と種類(アラームのみ、アラーム&バイブ)
  • アラームウインドウ設定

この他に、毎日の就寝時に時間を記録する必要があります。

まずはアラーム時刻の設定

サラリーマンたるもの毎日規則的な時間に起きるので基本的には一度設定したら後は変更無しなのですが、休日などを考えると複数の時刻を設定できると便利かなぁと思いますが、エリートモデルでもアラーム時刻は一つだけとなっています。

スリープトラッカーの上位モデルである「プロ」と「プロエリート」には、アラーム音の他にバイブレーター機能が搭載されています。

腕時計型ということで「布団の中に入れてたら聞こえないんじゃないか?」という方はバイブモードを使うと安心です。

続いてアラームウインドウの設定

アラームウインドウとは?
スリープトラッカーは、眠りが浅くなった最適なタイミングで起こしてくれる目覚まし時計なのですが、最適なタイミングといっても不当に早い時間に起こされたんじゃ損した気分がしますよね(笑)

そこで、設定したアラーム時刻より何分までなら早く起こしても良いよってのを設定するのがアラームウインドウです。

たとえば、上記の写真を例にするとこんな感じになります。

最低限起きなきゃいけない時刻は、6:10
アラームウインドウを20分に設定しているので、5:50〜6:10までの間で眠りが最も浅いタイミングでアラームが鳴ります。

アラームウインドウを長くとれば、それだけ良いタイミングが見つかる反面、代わり早起きしてしまう可能性が高まるので難しいところですが取扱説明書によると20分くらいが標準ということなのでとりあえずその辺にセットしてみました。

これで基本的な設定は完了♪
後は夜を待つだけです(笑)

ちなみに、寝る前に終身時刻を設定します

終身時刻といっても分からんよ、と思うところですが、ベッドに入ったときにDOWNボタンを数秒押すことで30分後の時刻が自動的にセットされるので、おおむねコレで良さそうです。

スリープトラッカープロエリートを手にした感想は?

まずは実際に使う前の設定の様子をレビューしてみました。
初代から数えて3世代目ということで当初指摘されていた問題点もかなり解消し使いやすくなっているのを実感しますね〜

バイブとか装着感とか♪

デザイン的には、この色合いに評価が分かれるところだと思い、個人的にはレディースモデルの方がシンプルで素敵な感じだと思うのですが、実際装着するのは夜だけなので、まぁ、いいか、と(笑)

では、今晩。早速使ってみようと思います!
実際に使ってみた感想・レビューは後ほど!

posted by スリープ at 15:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 感想&レビュー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。